×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国留学下宿ガイド

韓国,留学,下宿

ワンルームにも様々なスタイル

コシテルの上のレベルにワンルームテルというのがあるんですよ、ワンルームとホテルをかけたみたいなところで、コシテルをもう少し発展させたみたいな。 ワンルーム的な部分をもうちょっと強化したみたいなコシウォンもあります。でその上に下宿が来ます。下宿の一番下のランクがチャシパン(自炊部屋)っての付いていて、おばちゃんが住み込んでいたりすみこんでいなかったり、いろいろなんですけど、ご飯がでないんです。ただ共同生活の、朝ご飯と夕ご飯抜き。共用施設とかの掃除とかはしてくれるけど、あとはほったらかし、でもご飯がない分安いんですよ。30万ウォンぐらい次がふつうの下宿があって、その上がワンルームです。下宿型のワンルームもあれば完全に日本みたいに不動産屋へ行って、契約をして保証金出してっていう形のワンルームもあります。

人気があって順番待ち

下宿では全員がトイレを共同にするって言いましたが、それがいやな人のために、最近はビルみたいな所に下宿する人もいます。それなら各階にトイレを作れるじゃないですか。一階を女性専用にしておいて二階は男性専用とかにしておいて。一階にも二階にもトイレをつけてみたいな感じにして、なるべくたくさんトイレがあたる感じにするんですけど、やっぱり家族以外の人がトイレ使うって汚いじゃないですか、っていうかイヤじゃないですか。

 

ビルの方がだまされやすいというか、綺麗なんじゃないかと思っちゃうから入っちゃうんですけどね^^。 ビル式って結構たくさんあると思います。下宿も人気が落ちてきているみたいで、最近はワンルームに住む子が増えているみたいですね。 「ワンルーム式下宿」とかあって、ワンルームマンション一棟全体をおばちゃんが持ってて、一番上の階におばちゃんが住んでて、みんなは各階のワンルームのお風呂付の所にちゃんと住んでて、ご飯だけおばちゃんの家に5階なら5階へ行って食べてくるような。

 

そういう所だと60マンウォンとか70マンウォンとかするんです。 月7、8万円かかるわけですね。 高いけど、お金があれば問題ないでしょうしね。 結構そういう所は順番待ちでした。高いにもかかわらず。こんな高いとこと良く出ていかないなというほど人気すごかったです。